スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ScanSnapで作成した画像の向きがおかしくなる件について

ScanSnapで作成された画像の向きが逆になったり横になったりすることがあります。
これは、原稿の向きを自動的に補正する機能が働いているために起こる現象になります。

この機能は原稿の文字列を基準にして補正していますので、以下のような原稿を読み取ると、正しい向きにならない可能性があるとの事です。
※ヘルプに記載されています。

極端に大きい文字や小さい文字が多い原稿
文字間や行間が極端に狭いまたは文字が接触している原稿
下線や罫線に接触している文字が多い原稿
写真や図などが多く、文字の少ない原稿
文字の背景が不均一色の原稿
例:網掛けされている文字
装飾文字が多い原稿
例:影、白抜きなど装飾がされている文字
文字の背景に模様がある原稿
例:絵や図と重なっている文字
図面など、文字が一定方向を向いていない原稿
アルファベット大文字だけで書かれている原稿
手書き文字の原稿
傾いた原稿
サポート言語(日本語、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、中国語(簡体字)、中国語(繁体字)、韓国語、ロシア語、ポルトガル語)以外の言語の原稿
複雑なレイアウトの原稿
ノイズの多い原稿
薄い文字の原稿
かすれた文字の原稿


この機能を解除するには、ScanSnap Managerを起動し、[読み取りモード]タブの[オプション]をクリックし、「原稿の向きを自動的に補正します」のチェックを外していただく必要があります。

※Adobe Acrobat、または、ScanSnap Organizerを使用することで原稿の向きを手動で変更できますが、Mac環境の場合は、ScanSnap Organizerを使用できませんので、別途、Mac環境で使用できるソフトウェアが必要になります。
※S1500MにはAdobe Acrobat 8 Professionalが付属していますが、MacOS10.6には対応しておりません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。