スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AtomのCPUでScanSnapを動作させてみました

ScanSnap S1500の動作にはPentium 4 の1.8GHz以上のCPUを搭載したパソコンが必要との事ですが、それより劣るATOM(1.6GHz)のCPUを搭載したEeePC901でスキャンが可能かを試してみました。

ATOMの処理能力が低いこともあり、ScanSnap Manager(ドライバー)だけをインストールしました。
ScanSnap Managerのインストールだけでも多少時間がかかりました。

ScanSnap Managerのインストールが終了しましたら、以下の設定で、スキャンを行ってみました。

[アプリ選択]タブ
アプリケーションの選択:「起動しません(ファイル保存のみ)」

[保存先]タブを
イメージの保存先を外付けハードディスクにします。

[読み取りモード]タブ
画質の選択:「ノーマル」

カラーモードの選択:「カラー」

「オプション」をクリックし、すべてのチェックを外しました。
※傾き補正等にチェックがついている場合、その分CPUの処理能力が必要になるかと思いましたので外しました。

[ファイル形式]タブ
ファイル形式の選択:「JPEG」

結果、10枚くらいの原稿でしたら問題なくJPEGファイルを作成することができました。


上記の設定から、ファイル形式を「PDF」、画質の選択を「スーパーファイン」に変更し、スキャンを試しました。

結果、スキャンができないということはありませんでしたが、処理に時間がかかりました。

結論としましては、大量に原稿のスキャンを行う場合や自炊目的の場合は、AtomのCPUは避けた方がいいかもしれません。
1~2枚くらいの原稿をスキャンする場合は、AtomのCPUでも特に問題ないかと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。